fc2ブログ
 

大言壮語にはならない様に記す

2018
昨日 ゆのみカフェメンバーが、新潮文庫最新版 「ウドウロク」 有働由美子著を読んでしまったので どうぞ・・・と置いていった。
最近まで毎朝観ていた有働さん・・・とても身近に感じ 諸々の用事を済ませてから読み始めた。

本の中にニューヨーク滞在中 言葉で大変苦労したことが書いてあった・・・私も1人で海外生活を体験しているので 言葉が聞き取れない、話せない、毎日が続きストレスが溜まった事を想い出す、彼女のニューヨークからの中継がそんな思いをしていた中であった!と知る・・・流石に性根が座ったプロであった とも分かった。

言葉と言えば 今日届いた絵葉書2枚、中国語講座を聞き始めて2年?ぐらい経った友は、1枚の葉書には中国語で一部書いてあった。毎日聞き続けている成果であり 素晴らしく、刺激を受けて 猛反省もした。元々クルーズ中に縁あって 中国語を学習を始めた友に、拙い中国語を教えていた自分は 下船してから中国語から完全に関心が薄れてしまっていた。いい切っ掛けをもらったので 少しずつ始めたい・・・・大言壮語にはならない様に記す。

ウドウロク
最新版

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ> 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment

言葉の壁は人の壁

有働アナがあさイチから消えて、一か月が過ぎましたね、最初ぎこちなかった博多丸も、やっと力が抜けて、みる側も慣れてきました、言葉の壁はその土地に身を置かなければ、本当の辛さは分かりません。今、外国の労働者が大勢日本の現場で、働いていますが、殆ど一年足らずで日本語を理解しています、稼ぎの半分は母国の家族に仕送りの為、必要に迫り必死で日本語を勉強したのでしょうね、後進国と下に見ない、でその努力を私達日本人も見習いたいものです、日本もそんな時代があったのですから。

Re: 言葉の壁は人の壁

カムイさんへ

読み終わって感じた事は 全力投球 風当たりも物ともせず仕事をしていた人 自分を客観視も出来 すごい努力家でした。言葉は切羽詰まらないと覚えないし 簡単でないので話せません。口の中の構造が大人になってからでは なかなか直せない事もあります。日本語を流暢に話す外国人に頭が下がりますね。のえさんからハワイの様子 たくさん届き、エンジョイもしているようです。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク