FC2ブログ
 

70歳からのブログ

沢山の蔵書を残してくれた 夫に感謝し、思慕する。

洗濯して干したが 昼過ぎには小雨が降り出したし・・・雨が雪に変わる予報も出ているので、部屋干しにした・・・石油ストーブで暖を取った部屋で 墨をすり気持ちを新たに 小作品 を書いた。数日前には 形にならなかったが、少しマシ・・かな?書けた。

午後からは  樋口一葉著 ”たけくらべ”を読んだ。博文館版が出している 新選 名著復刻全集 近代文学館より、学研の 「明治の古典」は 全10巻あり 手にすると非常に重いが、挿絵も素晴らしく大変読み易い・・・亡き夫が買い求めた物である。昨日来宅した友達が 昔使っていた”ことば”に ついて、熱く話していた事なども 気に留めながら 久しぶりに読書三昧。

挿絵を眺めながら 読み進めた・・・一葉女史の文学 何回読んでも感動する、読み手の「心次第」・・・才を重んじ 文を愛したい・・・と、幸田露伴も”序”で書いてあった。短命であった女史 正に”人生は短く 芸術は長し”である。

沢山の蔵書を残してくれた 夫に感謝し、思慕する。

明治の古典
明治の古典
挿絵
挿絵

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

五千円札が愛しくなった

樋口一葉の原文を読まれる、のぶさん流石ですね、乙女の頃からの文学少女であったと想像しました、
カムイは五千円札の一葉に毎日挨拶する程度の親しさ、お札に登用するまでは、数多きの論議があったのでしょうね、一葉と云うペンネーム困窮した生活を理由に付けられた言われていますが.....!

カムイのおじん | URL | 2018/02/02 (Fri) 08:05 [編集]


こんにちは。たくさんの本!読み応えのあるものばかりなのでしょうね。国文を専攻したのに、全く役にたたず・・エスカレーターの短大でしたので、国文か英文のみ。当時に今の気持ちがあったら全く違う専攻をしていただろうな・・とたけくらべから、ふと思いが別のほうへいきました( *´艸`)
素敵な挿絵ですね。のぶっちさんの日ごろの生活の“動”と“静”のバランスの良さも素敵です。

のえ | URL | 2018/02/02 (Fri) 11:28 [編集]


Re: 五千円札が愛しくなった

カムイさんへ

文学少女??では無く、理数系でした。特に理科の先生が好きで、よく記号を暗記しました。結婚してから余りにも知らない自分に気付く・・・。今は電車の中ではよく読んでいますが、家の中ではどうでもいい用事が優先です。

一葉の文章表現が読み手にとって とても魅力な場面が多い 素晴らしい作家と感じています。

のぶっち | URL | 2018/02/02 (Fri) 17:31 [編集]


Re: タイトルなし

のえさんへ

のぶっちさんの日ごろの生活の“動”と“静”のバランスの良さも素敵です。と のえさんからコメント 意識しているわけではありませんが大切にしたいと思いました。バランスの取れた人生を心がけているのは事実です・・・それは仕事 と レジャー(旅行)の両方を 60歳代に夫婦でしてきた事が、とてもよかったと感じています。のえさんも60歳代を充実した日々にしてくださいね。

のぶっち | URL | 2018/02/02 (Fri) 17:40 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)