FC2ブログ
 

70歳からのブログ

南極からのはがきが着いた

最も古い南極基地である英国基地のボートロックロイへから出した 手紙が着いた!と 船の中で親しくなった方(神戸住い)から電話があった。我が家には私が帰国する前に着いていたが・・・・どこかをさ迷っていたのか少し遅れたようだ。この最も古い南極基地である英国基地のボートロックロイから はがきを出す為には 大変な事態の中から出しているので、字の乱れが気になり 恥ずかしい気持ちが蘇った、感謝されたが言い訳ばかりした。

第93回ピースボート 地球一周の船旅 私の一番の目的は極地・耐水船ウシアイア号で巡る 南極上陸クルーズ であった。

1月26日 ピースボート下船し13日間のオーバーランドツアーに参加した イグアスの滝をアルゼンチン側から2日間観光 アルゼンチンタンゴを鑑賞し 1月31日ウシアイア号に 全部で78人乗船しドレーク海峡を通過して 南シエトランド諸島と南極半島へ。

1月31日ウシアイア号に乗り込む前日 ホテルで食べた夕食が原因と思われるが、嘔吐と下痢に悩まされ 大変苦しい中 ドレーク海峡を通過で大変な大揺れであったが、それよりも辛い思いをしていた・・・このような状態になった人数も正確ではないが20人以上いて、5日間後にやっと回復した。症状が重い人(若い女性)はこの時点で ドクターストップがかかり 即ピースボートに引き返した事も後で聞いた。

書き切れない事柄は山ほどあるが、全てがいい体験になったと思える、一緒に行った仲間たちが親身に面倒を見てくれ たくさんのいい出会いにもなっている。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは。
どんな感じで向かわれたのかなと思っていましたが、そういう行程だったのですね。大変な状態、さすがに丈夫なのぶっちさん、回復されて実現したんですね!素晴らしい。きっと自分だったら半分息絶えていそうです・・・

のえ | URL | 2017/03/31 (Fri) 11:24 [編集]


船中での嘔吐食中毒は大変でしたね~体調不良な時にドレーク海峡航行は流石にきつかったでしょう、カムイは樺太からの開拓者魂が残っているので、嘔吐位なら殆ど半日で治ります(苦笑)
イギリスの南極基地は、地図で見るとアルゼンチンから一番近いですね、そう言えば、イギリス大英帝国時代、南米にも植民地支配した国があるんですよね。基地位置も流石一等地にありますね。此の位置なら、防寒着も必要なかったのでは?

カムイのおじん | URL | 2017/03/31 (Fri) 12:16 [編集]


Re: タイトルなし

のえさんへ

ホテル側も ジャンパングレース側も、食中毒であるとは認めなかったです。日本なら直ぐに保健所が入り問題になったと思います・・・参加者一同の意見でした。ウシアイア号に女医者が乗船していて 注射 飲み薬で治療を受けた知人もいました。私の場合は顔を見ただけで 何もなし!自力で回復した事が結果的に早く元気になれました。
5日間何も口に入らなかったのに 静岡本場の日本茶をくださった方がいて、それを飲んだら少しずつ入りました。体が弱った時には食べなれた物が 一番 と分かりました。

のぶっち | URL | 2017/03/31 (Fri) 19:42 [編集]


Re: タイトルなし

カムイ さんへ

植民地支配が未だにある島 ボラボラ島はフランス領 独立したがマダカスカルなどは貧困に苦しんでいる現状など 目の当たりにして 船内で知り合った男性と複雑な思いで議論した事もあります。

南極はやはり気温は低いです、ソディアックで移動するとき、速度を早くされると体の芯まで冷えた時もあり、治りかけた体は悪化しました。厳しい世界と言えます 簡単に行けない処だけに大きな想い出になっています。1人の男性(高齢)は船の揺れで よろけ腰を打ち骨折 息子さんが迎えに来て飛行機で帰り日本で手術する・・・など、いろいろありました。

のぶっち | URL | 2017/03/31 (Fri) 20:06 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)