fc2ブログ
 

”東洋の白いやきもの”展を見てきた

2012
訪問有難うございます。

出光美術間に行き 中国・日本の陶磁器、”東洋の白いやきもの”展を見てきた。

当美術館 ゆとりがある展示 照明も薄暗く程よく落ち付ける、見に来ている人達も限られているので、私は大好きな美術館である。展示室は9階にあり、出口近くにある休憩ロビーもいい。 
抜群の展望を持つ休憩ロビーは皇居の緑がいつでも楽しめて、無料の給茶器もあり、ゆったりとくつろげ最高の環境 今年は3回訪れている。

第1章 白いやきものの始まり 陶器質の”白磁”から 第7章 日本の白いやきものまで の 変遷を具に見てきた。徳川美術館蔵 第6章 朝鮮王朝の白磁 白磁四方鉢 白磁四方割高台鉢 美しいと感じた。野々村仁清 作 白釉耳付水指も展示 始めて見た。

東京芸術大学美術館1点 徳川美術館蔵特別出品3点 以外は、出光美術間所蔵103点 の展示作品を鑑賞、併設:仙厓画もあり、目正月が出来いい日になった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment

No title

美術館で他国の陶磁器などご覧になり
目の保養になりましたか。
良い物を見るとなんだか ゆとり或る自分のように
思えてきますね。

No title

こんばんは^^

白に限定した焼き物展なのですね。
興味が出て、サイトを覗いてきました。
白も色々あるんですね・・趣が違う感じが
紹介画像だけからも、見受けられました。^^

No title

おはようございます。
サイトを見ました。のぶっちさんが書かれたとおりの
静かな素晴らしい場のようですね。
あらためて、東京、さすがの首都ですね。
何でもある・・・♪
のぶっちさんのおかげで
色々なことを新しく知ることができて、感謝しています。

Re: No title

あざみさんへ

やはり一流の作品を見ていると、創造力と言うか 何か気持ちが高揚します。出来る限りいい作品に出会いたいと心がけています。

Re: No title

ramuneje さんへ

ご覧になりましたか・・実物を見るともっと感動すると思います。

Re: No title

のえさんへ

東京では美術館が沢山ありますので、興味があればいろいろ吸収できます・・・歴史もあるし秋の散歩としては交通も便利ですし、最高の所かもしれません。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク