fc2ブログ
 

知らない日本語

2022
朝起床したら雨降りで気温も低い・・・今日の散歩雨靴ではどうしようか?思案し、結果やめて・・・雨が止んだら出かけるつもりが、ふと手にした本に夢中読書日になった。

本の帯にあった知らない言葉の中に深い人生の味わいがある。・・・目に入り気になった。●人中が薬●星守る犬●赤い信女●鹿島育ち●並び大名●いすかのはし。

人中が薬・・・何に効く薬?「人中」とは他人の中、つまり世の中という意。特に若者にとって、世間の人と交わることが何よりの修行になるというわけだ。確かに、”人生の達人”といわれるような人物は、物書だけでなく、人との交わりの中から生きるコツを会得するものである。むろん、生きるコツの中には、人情の冷たさも身に染みて知ることもある。自分の我を抑える修行になってこそ、「人中が薬」の”薬効”があったといえる。

いすかのはし・・・物事が食い違い、思うように進まない時、「やることなすこと、”いすかのはし”だよ」と嘆息するものだ。この「いすか」は、鳥の鶍の事。スズメよりやや大きい鳥で、寒くなる頃、日本に渡ってくる。この鳥の特徴は、くちばしの上下がぴったり合わずに交差している事。要するにくちばしが食い違っているのである。そこから「いすかの嘴」というユーモラスな言葉が生まれた。

341語全部は読んでいないが、状況を踏まえ使いこなしが出来るようにしたい・・・と改めて思った。

知らない日本語
知らない日本語

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです

スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク