fc2ブログ
 

ことばの贈り物

2022
”ことばの贈り物”岩波文庫の名句365を読んだ、最も簡単なる文章が最面白き者なり・・・36年も前に購入した単行本、正に現在でも言い当てている”ことば”に出会った。

◎兼好法師「新刊 徒然草」万(よろづ)の事は頼むべからず。愚かなる人は、深く物を頼み故に、恨み、怒る事あり。◎クセノフォン「ソークラテ―スの思い出」身体を訓練しない者は身体を使う仕事をなし得ないごとく、精神を訓練しない者は精神の仕事を行うことができない。◎渋沢栄一「雨夜譚」季節のみ高くて現在に功能のない行為で一身を終わらせるのは感心できない。なるほど潔いという褒辞は下るであろうけれども、世の中に対して少しも利益がない。・・・など簡単な文章だが幾つも印象に残った。

老いても毎日が楽しい・・と話題にする人は少ない、体力・記憶力が無くなったとの言葉ばかり飛び交う。クセノフォンが書いてるように、身体も精神も訓練した者からは、嘆きよりも楽しみの言葉が生まれると思う。運とか収入とかそういったものではなくその人の考え方、いわゆる価値観のような気がする。その価値観を優先できるような老後の人生でありたい。。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク