fc2ブログ
 

日々の張りになった

2021
正月二日から 宋時代 張即之 金剛般若経に取り組んでいる・・・。

張即之はただの書家ではなく 南宋末に出で當時傑出した幾多の禅僧と交わり、その交わりから得た禅的境涯によって独自の書風を創造した人である。もとよりその存在は書家として中国書道史上に一異彩を放っているものと言わなくてはならないが、その占める位置は極めて特殊であり特異である。一口に言えば張即之の書は南宋の禅を離れては考えられないものと言ってよかろう・・・と教本にあった。

崇高な精神は毛頭持ち合わせていないが、昨年からの未曽有の体験で書きたくなった。書き始めは慣れない細字でもあり 書風を掴むのに苦心し 毎日少しずつ進めた・・・、 書き直しを繰り返しながらであったが 10ページまで書けた。全部で93ページあるが、書き上げた書は 巻物としたいと思っている。

コロナ禍の中 金剛般若経に始めて取り組んで見て 出来る事を考えて行動する・・・出来ない事を挙げても気持ちは暗くなるばかり、何十年間も書棚で眠っていた教本 日々の張りになり 気持ちが和む。

宋時代 張即之
宋時代
金剛般若経
般若経


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト



  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

プロフィール

管理人:のぶっち

1938年生まれの82歳
60歳でタッチタイピングを覚え、インターネットにはまりました。

のぶっち

検索フォーム

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク