FC2ブログ
 

70歳からのブログ

ムンク展

通信の清書添削 と 書道誌代前納6月分 × 人数分を現金書留で送った後 都美術館に行き ムンク展‐共鳴する魂の叫び を観て来た。

会期は昨年10月27日~1月20日まで。昨年11月23日 バレエ観賞が午後からなので、午前中に行った時は長い列、入場1時間待ち・・・で 諦める、今日は差ほど待つ事無く 入場が出来たが・・・会場内は大変混雑していた。

代表作≪叫び≫など油彩の名品約60点が集結。版画などを加えた約100点を展示してあった。

会場内で目についた文言を書き留めて来た・・・「夕暮れ道を歩いていた 一方には町とフイヨルドが横たわっている 私は疲れていて気分が悪かった 立ちすくみフイヨルドを眺めるー太陽が沈んでいくー雲が赤くなったー血のように。私は自然をつらぬく叫びのようなものを聞いた。私はこの絵を描いたー雲を本当の血のように描いた 色彩が叫んでいた この絵が<叫び>になった。」

10年前に 友達と2人で、北欧4カ国観光に出掛けている、その時 オスロ市立ムンク美術館 が 観光の一つになっていたので ムンクの叫び を観ている・・・。北欧の日照時間 自然の厳しさ・・など、日本に居ては、想像できない環境 その中で画家は感じ 見えたものの表現 と分かった。 オスロ市立ムンク美術館での想い出 感動が詠みかえった。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです

スポンサーサイト



PageTop