FC2ブログ
 

70歳からのブログ

ディランの美学は どうなるのか?

今朝の朝日新聞 天声人語 を 何回も読み、深く印象に残った・・・

”ノーベル文学賞受賞が決まって今日で一週間になるのに、当のボブ・ディラン(75)は沈黙したっまである・・・”との 書き出してあり、大方はテレビ報道でも 放送されている内容で綴られていだが・・・

過去に 「権威」 に逆らい 辞退している 文学賞の仏作家サルトル氏 と 文化勲章を辞退した 名優杉村春子さんの お二人の事も 書かれていた、サルトル氏は 「作家は栄誉を受けると読者にある種の圧力を与えてしまう」。 作家としての信念に反すると述べた。 杉村春子さんは 「いただくと勲章が首にかかっているようで、いつもきちんとしていなくちゃならない」 何時も自由でいたい、ただ 芝居をしていたい。 とあり、 人間として権威にとらわれない姿も爽快であり!と深く 深く感じ入った次第である。

記者はいっその事 反骨の風のまま辞退してしまうのも ディランらしい気がする・・・とも書いていた。 単純に今年は日本人何人受賞?などと、テレビニュースを見ていたが、ディランの美学は どうなるのか?注視して12月の授賞式を待ちたいと思う。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです

スポンサーサイト



PageTop