FC2ブログ
 

70歳からのブログ

人を育てる 遣り甲斐はある。

今月の書道稽古を午前中にした。

旅行中の仲間 突然体調が悪くなった仲間たちが 稽古を休んだので、来たのは1人だけであった。師範試験に挑戦の目的を持っているので、書いてきた清書は 気合が入っていて見事であった。 と言っても 半切条幅のみであって 半紙に書いた規定・臨書の清書は、同じ人が書いたとは 思えない・・・全くダメですと あえて言った。

半切条幅に行書文字を3行に書いている・・・今までの練習では2行 20文字を書いていたが 3行は文字数も多いし 書き上げるのに緊張時間を長く持続する 容易な事ではないが見事に書けていた・・・のに 何故?

要因として考えられるのは、行書文字と楷書文字を書く意識の切り替えが 出来ていないのではないか!楷書文字の線の勢いがない と告げた。このような時 指導する事の 難しさを感じる。山本五十六の詩 やってみて させてみて 褒めてやらねば 人は動かじ を常に心して、 励ましたり 厳しくしたり・・・人を育てる 遣り甲斐はある。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいです

スポンサーサイト



PageTop