FC2ブログ
 

70歳からのブログ

反物が川面に踊っていて 風情があった

訪問有難うございます。

表具教室の先輩から お誘いを受けた ”染の小道”道のギャラリー 「のれん」(この暖簾がすばらしい)で飾った 商店街を見て いろいろな 技術を持つ人たちと触れ合ってきた。

昭和30年代頃まで 落合、中井付近は昔から染色工房が多い街で、川筋の染工場の職人たちが 川のあちこちで染め物の水洗いをする風景は 風物詩になっていたようだ。

「染の小道」――そういう街の特質を生かした、一種の街興しであり、かつ、染色の伝統や技術を残し、さらにはもっと盛んにするために積極的に働きかけた、地域ぐるみのイベント として 江戸更紗や小紋など 色とりどりの反物が川面に踊っていて 風情があった。

染色の技術を持つ制作者たちが、お店などと相談しながら染め上げた 70本を越える のれん が軒先を 彩っていて のれんを見て歩くだけでも楽しめた・・・

染めの小道


にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ 

 ↑    ↑    ↑    ↑

ランキング参加中です。クリックしてもらえるとうれしいで


スポンサーサイト



PageTop